FC2ブログ

タンザニア・ポレポレクラブのブログ『みんなの広場』

タンザニア・ポレポレクラブは、東アフリカのタンザニアで                    村人とともに植林活動に取り組んでいる市民グループです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

半乾燥地で、放牧牛侵入防止のための植林実施

今日はクリスマスですね
街中のイルミネーションが今日で終わりと思うと、 すこし寂しい気持ちになります。

さて、今日はタンザニア・マワンジェニ村での取り組みのご紹介です。
マワンジェニ村の年間降雨量は約450mm。
東京は年間約1500mmなので、
マワンジェニ村が降雨の少ない半乾燥地であることがご想像いただけると思います。

今回の現地レポートは、そんな雨の少ない土地だからこその問題・取り組み・対策です。



「半乾燥地で、放牧牛侵入防止のための植林実施」

キリマンジャロ山の東方には半乾燥地が広がっている。
山の中では最大2千ミリを超す雨量があるが、
山を下りたモシの町では800ミリ、この半乾燥地では500ミリを切る雨量まで低下する
(年間降雨量500ミリは、現地の主食作物であるメイズ=白トウモロコシの生育限界)。

この半乾燥地にあるリアタ小学校では、雨量の少ない地域でも緑葉野菜が収穫できるように、
麻袋を使った省水農法を実施している(写真左)。
しかし、付近一帯は牛やヤギの放牧ルートとなっており、
学校の休みの日にはこれらの牛やヤギが大量に侵入し、
せっかく子どもたちが育てた野菜を食べてしまうのが悩みの種であった。(写真中央)

そこでTEACAとリアタ小学校では協力して、家畜たちが侵入しないように生け垣を育てることにした。
植えるのはPithecellobium dulce(豆科:キンキジュ)という乾燥に強い木で、
枝にトゲがあるため、家畜は容易に侵入が出来ない。
この木を学校をぐるりと取り囲むように、約2万本密植することにした。

学校ではさっそく、校庭の周りに苗木を植えるための溝を掘り始めている(写真右)。
Pithecellobium dulceは生長も比較的早いが、育つまでの間、
学校では省水農法の袋の周りにしっかりした柵を設け、野菜を守ることにしている。

     リアタ小学校の省水農法     牛とヤギが・・・     密植の為掘られた溝
         (写真1)            (写真2)               (写真3)


別窓 | 現地プロジェクト報告 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<HERI YA MWAKA MPYA!(スワヒリ語で「あけましておめでとうございます」) | タンザニア・ポレポレクラブのブログ『みんなの広場』 | 絵本プロジェクト 第1弾・紙芝居完成!>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| タンザニア・ポレポレクラブのブログ『みんなの広場』 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。