FC2ブログ

タンザニア・ポレポレクラブのブログ『みんなの広場』

タンザニア・ポレポレクラブは、東アフリカのタンザニアで                    村人とともに植林活動に取り組んでいる市民グループです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

タンザニアの森林事情

こんばんは。事務局のいげたです。
事務局は、時々休憩時間に藤沢さんのありがたいお話があります。

先日は、Food and Agriculture Organization(FAO)の資料を使ってタンザニアの森林についてのお話があったので、みなさんとシェアしたいと思います。

データで見ると、タンザニアの土地の40%は森林です。しかし、森林と言っても日本でみるような深い森ではなく、サバンナの緑もカウントされているそうで、決して緑が豊かというわけではありません。
*参考までに、林野庁の調べでは日本は国土の約70%が森林です。

タンザニアの森林減少率はアフリカで上位三位に数えられます。
その面積は、年間412000ヘクタール。

数字だけだと、どのくらいの面積が失われているのかわかりにくいですね。

それは、石川県もしくは福井県と同じ面積です。 
関東の方に分かりやすく言うと、東京2つ分くらいですね。

そして、その森林減少のもととなるのは薪としての木材の消費。
そう、現地で料理に使われる薪です。

ポレポレクラブは現地で改良カマド普及支援をしています。
改良カマドは、ただ石の間に薪をくべるだけの現地の一般的なカマドとは違い、
安全であり、60%以上の薪の消費量削減を可能にします。

改良かまど支援の詳細はこちら↓

現地生活改善の取り組み

改良かまどが広がれば、森林の減少率が現在の半分近くになります。

現地に行って植林するだけでなく、木の消費量を減らす支援も、キリマンジャロの緑を守ることにつながるのです。


別窓 | 事務局日記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<事務局訪問&スワヒリスピーチ | タンザニア・ポレポレクラブのブログ『みんなの広場』 | ミニニュースレター32号発送&11月菜園活動のお知らせ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| タンザニア・ポレポレクラブのブログ『みんなの広場』 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。