タンザニア・ポレポレクラブのブログ『みんなの広場』

タンザニア・ポレポレクラブは、東アフリカのタンザニアで                    村人とともに植林活動に取り組んでいる市民グループです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

富士山が世界遺産に決定!


こんばんは!
本日は渋谷が久しぶりにブログを担当させていただきます。

さて、先日日本中に「富士山が世界遺産に決定」のニュースが流れました。
今回の決定は、三保松原からの富士山の景観も世界遺産に登録されることとなり、
正直このニュースを知った時、予想以上の結果となり驚きました。

しかし、自然大好き登山大好きな私にとって、この決定は一概に嬉しいとは言えません。
なぜならば、世界遺産になったことで、確実に登山客が増えると思います。
また登山客の増加、観光客の増加により現地でのゴミも増えることは容易に予想できます。

世界遺産になったからには、早急に諸問題に対応するための仕組み作りが大切になってくると思います。

以前、富士山の麓で清掃活動を行っている富士クラブのボランティアに参加したことがあります。
登山家の野口健氏主催で大規模なものであり、大勢の参加者がいました。
私の時は、トラックのでっかいタイヤが樹海に捨てられていました。
私はその運び屋を任され、いま思い返せば本当に大変な作業でした。
時には、医療用の注射器等の不法投棄もあるということを聞き、非常に残念な気持ちになりました。
まさに、「ゴミ山」を実感しました。

今回の世界遺産の決定を受け、世界中から絶対に「ゴミ山」と言われないよう、「日本の美しい霊峰富士」を保って欲しいと思います。

実は私、今年7月の第一週に富士山に行って参ります。(世界遺産とは関係なく、この時期に行くことは2年近く前より予定していました。)
世界遺産になって間もない富士山。いっぱい堪能してこようと思います!



(渋谷)
スポンサーサイト
別窓 | 事務局日記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

高尾山デビュー

こんばんは、事務局の片之坂です。
先日、初めて高尾山に登ってきました。
来たるべきタンザニア渡航に備えて、少しでも山を登ったり、体力をつけていかなきゃな・・・、
と思っていたところに、友人から高尾山登山のお誘いがあり、
高尾山デビューしてきました!

高尾山までは、自宅からポレポレクラブの事務所に行く時間とあまり変わらない時間で
行くことができ、意外と近くにあるんだなと思いました。
都心から少し行くだけで、緑のある場所に行けるものなのですね!

いざ高尾山に着くと、平日の午前中だったのですが、すでにたくさんの人がいて、
「登山客の多い高尾山」のうわさ通りでした。
私と友人は一番ビギナーズコースと思われるコースを登ったのですが、
最初から予想以上の傾斜で、ケーブルカーに乗りたくなっている友人を
励ましながら登りました。
途中、たまに平坦な道があり、道が平坦というだけで歩くのがこんなに楽なのか~と
平坦な道のありがたさを実感し、ほぼ目安時間通りで登り切ることができました。
天気も良かったので、頂上からの眺めはとってもよかったです!
その時点でまだ余力もあり、まだまだいける!とひそかに思っていました。
が、山道は下りがきついといいますが、下りはケーブルカーに乗ってしまったため、
歩いて下ったときにまだ同じ位元気が残っていたかはわかりません・・・。

とりあえず、こんなに気軽に登れることを知ることができたので、
体力作りと山の緑を求めて、また登りたいと思いました!

それでは!




別窓 | 事務局日記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

スマホアプリでポレポレクラブに1円募金!

スマホをご使用のみなさまへ寄付アプリのご紹介です。
isaveという無料アプリで、iPhone・アンドロイド両方でダウンロード可能です。
(isaveのHP→http://isave.jp/)

こちらのアプリに登録しているNGO・NPOの中から寄付先を選ぶとtwitterやfacebookと連動します。
ツイートやシェアすることで寄付先に指定した団体に1円寄付され、またその団体の活動を広めることもできます。
募金はアプリへの協力企業が支払ってくれますので、寄付金のご負担はございません。


タンザニア・ポレポレクラブもこちらのアプリに登録させて頂いておりますので、みなさまにご協力頂ければ幸いです。


(宇田)
別窓 | 事務局日記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

猫騒動

先月の私の誕生日の早朝のことです。
飼い猫の一匹がいつもより大きな声で鳴いていました。
「まだ朝ご飯の時間ではない」
と相手にしていなかったのですが、しばらくしてその猫に叩き起こされました。
鳴き方もおかしく、その子の顔を見ると瞳孔が拡大し、耳も後ろに下がっていてこれはただ事ではないと思い飛び起きました。
台所に私を連れて行こうとする彼女を追っていくと、小窓の網戸が10cmほど空いていました。

私はその瞬間彼女が何を訴えようとしたのかすぐに理解しました。
押し入れ、カーテンの後ろなど見ましたが、家中どこを探してももう一匹の猫が見あたりません。
その小窓から外へ落ちたようです。
猫を飼い始めて1年半、一度も網戸を開けて外へ出ようとしたことはなかったのに・・・。

実家の猫もよく脱走するのですが、私の住んでいるのはマンションの2階なので、自分から戻ってくることはほぼ不可能に近いです。
まだ薄暗い中、外へ探しに行きました。
すると姿を見せたのですが、地上に落ちたショックからなのか藪の中に隠れてしまいました。
出勤・通学の人たちの往来でさらにびっくりしたのか、名前を呼んでも何の反応もしなくなりました。


それから保健所、動物愛護センターに連絡し、マンションと近隣の家々に迷い猫のビラを配りに行きました。

私を叩き起こした猫は、窓から一日中、相方を呼ぶようにずっと鳴いていました。
夜、もう一度探索すると真下のお宅の車の下にいましたが、声をかけたらそのお宅の庭に逃げ込んでしまいました。
その日、一日中続いた捜索はそこで諦めました。

翌日、その猫を引き取った団体に連絡をし、捕獲機を借りて逃げ込んだお宅に設置させてもらいました。
そうして真夜中、「猫が捕獲機に入ったらしい」とご連絡を頂き、急いで見に行くとたしかにうちの猫でした。


捕獲機から出すと、こちらが拍子抜けするくらいにリラックスしていました。
ほっとしたのでしょう。
家でずっと相方の帰りを待ちわびていた猫はというと、そのリラックスした様子を見て何故か怒り出しました。
「心配させて、何なのよ!」
と言わんばかりでした。


戻ってきて本当に良かったですが、これもマンションの皆さんや管理人さん、猫を引き取った団体の方のご協力あってこそでした。
今までほとんどご近所づきあいしてなかったのですが、その大切さが身にしみました。


(宇田)
別窓 | 事務局日記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| タンザニア・ポレポレクラブのブログ『みんなの広場』 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。