タンザニア・ポレポレクラブのブログ『みんなの広場』

タンザニア・ポレポレクラブは、東アフリカのタンザニアで                    村人とともに植林活動に取り組んでいる市民グループです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

エコツーカフェ『タンザニアーアフリカの大地からー』のお知らせ

タンザニア・ポレポレクラブの元事務局アルバイトでタンザニアの旅行
会社で活躍していた石原裕介さんが、東京でタンザニアに関する講演を
催します。タンザニアの国立公園でのサファリツアーの様子や、現地の
エコツアー、エコツーリズムについて最新の報告が聞けると思います。
興味のある方は、ぜひ足を運んでみて下さい!

【日 時】 2012年5月24日(木) 18:30-20:00 (開場18:00)
【場 所】 Asante Sana 目黒店 
(東京都目黒区三田2-7-10-102 ) 最寄駅:JR恵比寿駅より徒歩約10分
【対 象】 どなたでも(お子様連れも可能。詳しくはお問い合わせください)
【参加費】 1,000円(軽食・資料付)
【定 員】 25名 
【主 催】 日本エコツーリズム協会        
【後 援】 日本旅行業協会 
【お申込み・お問合せ】 日本エコツーリズム協会 

お申し込み、お問い合わせ方法などは下記からどうぞ
http://ecotourism.blog10.fc2.com/blog-entry-799.html
スポンサーサイト
別窓 | 他団体イベント紹介 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ティンガティンガ原画展2012


ティンガティンガ原画展2012のご案内です。


創始者エドワード・サイディ・ティンガティンガ亡きあと、ティンガティンガから手ほどきを受けた
弟子たちによって発展してきたアフリカン現代アート、ティンガティンガ・アート。

ティンガティンガが亡くなったのが1972年、今年は没後40年目にあたります。
2012年の今年は、ティンガティンガ最後の直弟子アモンデをはじめ、長年ティンガティンガ村の屋台骨を担ってきた、
サイディ、チムワンダ、チャリンダら、古参アーティストたちが、1970年代を思い出しながら今展示会のために描きあげた、オールドタイプの作品をご紹介します。

実の父親であるティンガティンガの作風を継承する実子ダウディ・ティンガティンガによる、ティンガティンガオリジナルモチーフの作品も会場を飾ります。


バオバブの木の下で、創始者やその直弟子たちが、ティンガティンガアートを描きながら、一族で助け合って
生活していた場所に建つ、ティンガティンガアーティストたちのアート工房。(正式名称は、Tingatinga Arts Cooporative Society)
ティンガティンガアートは、ここで日々活動を続ける遺された弟子たちの手でさまざまな取り組みによって進化させてきたアート。
実力派のムブカ、ムスターファ、アブダラ、ベイカー、ムテコら現代のアートシーンを率いる実力者約30人のアーティストたちの作品が一堂に会します。
ティンガティンガアートの今と昔を、たっぷりお楽しみください!


日時:4月27日~5月6日 11:00~19:00 無休
     (最終日は、18:00まで)

場所:ギャルリー・パリ
 横浜市中区日本大通14 三井物産ビル1F
 TEL:045-664-3917

交通アクセス:
 JR根岸線「関内」駅南口下車、徒歩5分、
 横浜市営地下鉄「関内」駅下車、徒歩5分、
 みなとみらい線「日本大通り」駅3番出口すぐ


別窓 | 事務局日記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

富士山清掃活動に参加しました


久しぶりの投稿になります。

事務局アルバイトの渋谷です。
今日は4月14日に富士山清掃活動に参加したことについて書きます。


今回は、アルピニストの野口健氏主催のマナスル・富士山同時清掃というイベントに参加しました。野口氏はマナスルというネパールにある8000メートル級の山の麓で清掃活動を行い、私たち日本組は富士山で不法投棄物の回収、処理を同時に行いました。
当日は、あいにくの雨でしたが、100人ほどの人が協力し、医療廃棄物(注射器等)を含め約1.5トンのゴミを集めました。

ゴミ回収の後、ネパールにいる野口氏と中継で対談を行いました。
ネパール側は大雪だったために回収作業は行われなかったのですが、対談ではテレビでおなじみの野口節が炸裂し、楽しいトークの連続でした。


私はこの活動に参加して、富士山のゴミの多さに驚きました。このゴミ問題が解決されない限り、富士山の世界遺産化は絶対にムリでしょう。
対談中野口氏は、富士山の世界遺産化を早まるのではなく、まずは目先のゴミ問題にじっくりと取り組む必要があると言っていました。確かにその通りだと思います。


ゆっくりでも、少しでもゴミ問題を解決する努力を続ける、そんな話を聞いた時、ポレポレクラブの活動に近いものを感じました。


今回学んだことを、これからの活動に活かして行けたらいいなと考えています。



野口氏の関連ブログも是非ご覧になって下さい。
ちなみに私は最後の画像に載っていますよ!
http://www.noguchi-ken.com/M/2012/04/post-394.html





別窓 | 事務局日記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| タンザニア・ポレポレクラブのブログ『みんなの広場』 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。