タンザニア・ポレポレクラブのブログ『みんなの広場』

タンザニア・ポレポレクラブは、東アフリカのタンザニアで                    村人とともに植林活動に取り組んでいる市民グループです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

タンザニア土産話

Habari ya usiku?

事務局アルバイトのはこです。
3日前にタンザニア渡航から戻ってきました!

私にとっては今回が初めてのタンザニア。
ポレポレクラブが活動するテマ村の人々、そしてTEACAの方々の優しさと温かい心に支えられ、バンブーと一緒に、最後まで自分たちの活動を全うすることができました。

さて、渡航の土産話はたくさんあるのですが、
渡航中一番お騒がせ人間だった私のエピソードをひとつ紹介します。

今回も私たちはTEACAの方々の協力の下、さまざまな調査を行いましたが、コトの起きた日の午前中は、私たちのプロジェクトに必要なデータの収集日で、TEACAのメンバーに案内してもらい、山を歩きながら写真を撮ったり、情報を集めたりしていました。

午後はまた別の調査の予定があったので、そろそろ昼食でも取ろうか、とTEACAの事務所に戻っている途中、先を歩いていた藤沢さんが、「これだよ」と何かを指していたので、なんだなんだ?と身を乗り出したその時でした。

グラリと体のバランスを崩したかと思うと、脇の伝統水路に真っ逆さま。
身の危険を感じた私は、落ちながら体の向きを変え、仰向けになった水路にドッボーン!!
身を翻したおかげで濡れたのは左肘とお尻の部分のみで済みましたが、その代わりに背負っていたのバックパックがビショ濡れに。
おかげで収集した情報を書き記したノートもヨレヨレ…。

この間抜けな出来事はあっという間にTEACA関係者に知れ渡るところとなり、誰かに会う度に「Pole(お気の毒)」と笑いながら声をかけられました。

中には、「落ちた水路には、きっと多くの水がもたらされるに違いないよ!」と言ってくれる人もいて、その言葉に慰められた一方で、今年の乾期に水路に水が足りなくなったらどうしよう…と、若干プレッシャーを感じる今日この頃だったりします。
スポンサーサイト
別窓 | 事務局日記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| タンザニア・ポレポレクラブのブログ『みんなの広場』 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。