タンザニア・ポレポレクラブのブログ『みんなの広場』

タンザニア・ポレポレクラブは、東アフリカのタンザニアで                    村人とともに植林活動に取り組んでいる市民グループです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

報告会 「環境とコミュニティから見るタンザニアの今と未来」のお知らせ

ポレポレクラブでは3/25(日)に以下の報告会を
開催します。報告会は2部構成で、どちらの報告も、現場
の視点、斬新な切り口で、タンザニアと活動現場の生の
状況をお伝えするものです。

興味深い内容になると思いますので、ご都合の良い方は
ぜひご参加ください!


報告会 「環境とコミュニティから見るタンザニアの今と未来」

タンザニア・ポレポレクラブは、3月35日(日)に報告会
「環境とコミュニティから見るタンザニアの今と未来」 を
開催します。

報告会は2部構成で、第1部では衛星画像データや現地
アンケートを通じた、キリマンジャロ山麓周辺の地域住民
による植林の効果を検証します。
第2部では、タンザニアの旅行会社に勤務した報告者が、
タンザニアにおけるコミュニティベースドツアーの現状や
その課題、展望について報告します。

両報告とも、コミュニティと環境に視点を置き、それらの
持つ可能性と現場の実態、克服すべき課題、そして
今後の展望について報告するものです。

タンザニア、そしてこうした視点での取り組みに関心を
持たれる多くの皆さまのご参加をお待ちしております!

【報告概要】

開催日: 3月25日(日)
時 間 : 13:30~16:30
       第1部 13:45~15:00
       第2部 15:15~16:30
会 場 : JICA東京 (セミナールーム18)
      (http://www.jica.go.jp/tokyo/office/pdf/map_tokyo.pdf)
交 通 : ・京王新線幡ヶ谷駅(南口出口)徒歩8分
       ・千代田線代々木上原(西口出口)徒歩12分
参加費: 500円
申込み: タンザニア・ポレポレクラブ(pole2club@hotmail.com)まで、
      お名前、参加希望人数、ご連絡先をお知らせ下さい。
締切り : 3月23日(金)

第1部 「タンザニア・キリマンジャロ山における植林活動と住民の意識調査」
 報告者: 井上美恵子(慶應義塾大学環境情報学部)
 概 要 :
  世界中で深刻化する森林減少を背景に、その保全のための
  国立公園化や、自然遺産登録が増えています。特に途上国
  においては、従来森と共に生活してきた住民の生活と自然
  保護が対立する問題が少なからず報告されています。世界
  遺産となったキリマンジャロ山でも同様の事態が進行して
  おり、いま、地域住民を排除することなく環境を守り、持続的に
  森と共生していくための森林管理手法の確立が必要されて
  います。
  そうした中、キリマンジャロ山において20年間にわたって地域
  住民たちが自発的に植林に取り組んできたテマ村を取り上げ、
  彼らの植林活動の効果を、衛星画像を用いた土地被覆の変化
  の観点から明らかにします。また、地域住民へのアンケート
  調査から、彼らの森林に対する意識と現場の変化を照らし合わ
  せてみます。

第2部 「観光から見るタンザニア」
 報告者: 石原裕介(元事務局スタッフ/JATAツアーズにて3年間現地駐在)
 概 要 :
  東アフリカ、タンザニア。日本人にはまだまだ馴染みが薄い場所
  といえますが、世界中から年間78万人もの観光客が訪れてい
  ます。彼らのお目当ては、アフリカの最高峰であるキリマンジャロ
  登山、セレンゲティやンゴロンゴロに代表される動物サファリ、
  インド洋に浮かぶビーチリゾート・ザンジバル島など、その豊かで
  多様な大自然です。
  一方、タンザニアは後発発展途上国と位置づけられており、その
  開発(観光開発も含め)と自然のあり方、そして人と自然の関わり
  方を模索し続けている国でもあります。近年、エコツーリズムや
  カルチュラルツーリズム、サステナブルツーリズムといった言葉が
  盛んに使われるようになりましたが、タンザニアでも自分たちの
  持つ文化や伝統、自然、生活を観光客に紹介していくことで、
  地域の発展に繋げていこうとする活動が活発になってきています。
  この報告では、現地旅行会社での経験を踏まえ、タンザニアに
  おけるこうした新しい形態のツーリズムを中心に、観光(開発)
  の視点から、タンザニアの現状と課題、そして提案を試みたいと
  思います。


スポンサーサイト
別窓 | 現地プロジェクト報告 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

半乾燥地で、放牧牛侵入防止のための植林実施

今日はクリスマスですね
街中のイルミネーションが今日で終わりと思うと、 すこし寂しい気持ちになります。

さて、今日はタンザニア・マワンジェニ村での取り組みのご紹介です。
マワンジェニ村の年間降雨量は約450mm。
東京は年間約1500mmなので、
マワンジェニ村が降雨の少ない半乾燥地であることがご想像いただけると思います。

今回の現地レポートは、そんな雨の少ない土地だからこその問題・取り組み・対策です。



半乾燥地で、放牧牛侵入防止のための植林実施…の続きを読む
別窓 | 現地プロジェクト報告 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

自立を目指し、思い切った発想の転換を図る(自立支援情報)

私の地元では明日の朝はの予報だそうです。
今年も残す所、あとわずか・・・毎日を有意義に過ごしていきたいですね

さて、今日はポレポレ現地プロジェクトのご報告です。

今回はポレポレクラブが協力している現地NGO”TEACA”の活動資金の確保について
ポレポレクラブは会員さんからの会費・募金・ハガキや使用済み切手など
の収集物による収入等から活動を維持していくための資金を確保しています。

では、タンザニアのTEACAはどうなのでしょうか??



自立を目指し、思い切った発想の転換を図る(自立支援情報)…の続きを読む
別窓 | 現地プロジェクト報告 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

森林にのしかかる圧力 (植林活動情報)

森林にのしかかる圧力

 kirua1-3.jpg    kirua4.jpg

上の2枚の写真は、私たちが植林活動に取り組んでいる、キリマンジャロ東南山麓キルア地区の様子を写したものだ。かつてあった森林はすっかり剥ぎ取られてしまい、いまではむき出しになった山肌が無惨な姿をさらしている(写真1)。しかしここでもようやく植えた苗木が育ちつつある。表土をほとんど失ってしまっているため生長がかなり抑圧されているが、やっと背丈を超えるところまで育ってくれた(写真2)。

ところがいま、こうした植林地にまで伐採の圧力がかかりつつある。背景にあるのは、世界を揺るがしている原油価格の高騰と、それに由来するありとあらゆる生活物資の値上がりである。

最近植林地に何者かが入り込み、育った木が伐採されてしまうケースが出始めている。木は切って売るだけで、手っ取り早い現金収入をもたらしてくれるからだ。ただ生えている木を切れば良いのだから元手もかからず、植林地などはそれこそ「宝の山」に見えるに違いない。

侵入者は村の外から夜陰に紛れてやって来る。そうして村人たちに見つからないように森に隠れ、数日間をかけて切り倒した木を板にまで引いてしまう。そしてまた夜陰に紛れて引いた板を持ち出すのだ。もちろん少ないとはいえ、村人の中にも木を切る者が出てきている。

こうした状況が木を植え続けてきた村人たちの間に、どうしようもない不満の渦となって広がりつつある。つまり「なぜ自然を守ろうと努力する者が馬鹿を見て、その結果を踏みにじる者が得をするのか。ならば自然を守る努力など無駄ではないか、やらない方がよい」というものだ。

これまで村人たちが、一生懸命植林によって守ってきた水源は森林保護区の中にあり、村人にも村にも、侵入者を取り締まる権限は与えられていない。それをすべき役人は賄賂をもらい、見て見ぬふりのお粗末さ。先の村人たちのような感情は、あまりに当然だと言える。

一気に押し寄せた生活苦は、村人たちの日常生活にとってもちろん破壊的であるが、世界中の森林にどれほどの伐採圧力となってのしかかっていることだろうか。植林地の木を切り倒すなどは、これまでに無かったことである。

村人たちが納得できる具体的な対策を講じられなければ、いまの状況は、長年の村人たちの植林への熱意を根本から打ち砕きかねないほど危険なものだ。


木過去の植林活動のレポートはこちら


別窓 | 現地プロジェクト報告 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

バナナカードによる多様な協力活動が展開(生活改善事業情報)

バナナカードによる多様な協力活動が展開

  banana1-2.jpg   banana3-1.jpg
        写真1             写真2

村の資源と技術を生かした収入向上の取り組みとして、2001年から製作に乗り出した手工芸品"バナナカード"。このバナナカードは、テマ村の出身者であるキマンボさん(写真1)がキリマンジャロ山の麓の町モシに構えた民芸品店「Mbokomu Youth Arts Group」と協力して作っています(タンザニア・ポレポレクラブはデザインを担当)。

これまでバナナカードによる収益は、手工芸品製作のための道具の整備に役立てられていました。しかし2007年度からは、図画工作の授業のないタンザニアの小学校で、子どもたちに手工芸品つくりに触れ、学んでもらう授業の実施にも役立てられはじめました。

そして2008年度には、あらたに2つの支援形態が加わりました。一つ目は、これまでの一般的な卸値をベースに決めていた買取価格に対し、品質、納期が遵守された場合には、さらに12.5%のプレミアを付けて買い取ることを決定しました。バナナカード作りは村の女性たち(写真2)が担当しており、このプレミアはそのままこれまで女性たちが得ていた収入に上乗せされることになります。

二つ目は、住宅展示場のイベント企画会社が、企業のCSR活動として、このバナナカードを使った企画を始めたことです。住宅展示場でエコをテーマとしたイベントを開催し、関心を持って参加していただけたお客様には、このバナナカードが配布されます。バナナカードの買取価格には、タンザニアでの植林のためのご寄付が一緒に組み込まれており、お客様に参加していただけた分だけ、植林活動に寄付がされることになり、それが企業にとっての貢献活動になります。お客様には、バナナカードがそのまま植林協力に繋がったことへの証明とお礼になっています。

バナナカードという一つのアイテムが、ここにきて様々な形での現地協力に繋がり、広がりを持ててきていることは、とても嬉しいことです。今後手工芸品製作に取り組む女性たちをさらにバックアップできるような支援に繋げられないかを、検討しているところです。

別窓 | 現地プロジェクト報告 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| タンザニア・ポレポレクラブのブログ『みんなの広場』 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。